大学院生になって


久しぶりの更新です。

大学院(M1)になって1カ月過ぎました。
正直言えば、講義が邪魔ですね。学部4年次では授業がなかったのが、突然湧いてくるわけですからね。

B4のときは研究でイマイチ良い結果が残せなかったのでM1で頑張って何とかしたいです。
学会に出たり、論文書けるようにがんばります。。。

[ 2017/05/01 02:08 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

院試終わりました


先日、院試がありました。
結果発表はまだですが、ほぼ合格確定です。


自大をそのまま上がることにしたのでイージーでしかなかったです。
今のところ、D進するつもりはないので他大は受けないことにしました。
正直、修士課程だけ移ることに意味を見いだせないので、、、
(博士課程までいくなら東北大とか東大あたりに行きたいですね)


これから研究も本格的に始動するのでがんばるぞい!
[ 2016/09/04 05:44 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

超伝導のまとめ


超伝導は現象としても興味深く、その理論や歴史的な背景なども非常に面白いです。
1911年に見つかって以来、基本的な原理の理解に半世紀近くかかり、また、1980年代の高温超伝導体の発見は実験が理論を先行する最近ではあまりない快挙でした。

超伝導とは、極低温下で物質の電気抵抗が突如ゼロになるという現象です。
どんな物質でもなるわけではありませんが、さまざまな物質で確認されており、むしろならない方が珍しいです。

超伝導はアニメでもたまに題材にされることがあります。
コードギアスででてくるサクラダイトは高温超伝導体であり、それが富士山の近くでたくさん取れたことから、ブリタニアが日本に攻めてきたのだった思いますwww

コードギアス 反逆のルルーシュ volume01 [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2008-08-22)
売り上げランキング: 29,080


他にもアルドノアゼロでは、Meissner効果で銃弾を弾くとかでてきたりします。
Meissner効果とは超伝導内の磁場を外へ排除する現象です。
それで銃弾が反発するほどの応力が実現するのかは僕にはわかりませんwww

超伝導のメカニズムはBCS理論により説明されましたが、簡単に言えば極低温下で電子がペアを組むことにより位相をそろえてマクロスケールで量子現象が起こることにより、このような現象が起こっていると考えられています。

BCS理論によると超伝導状態に転移する温度は最高でも40K程度と導かれるのですが、それを超える80K以上の温度で超電導状態になる高温超伝導体が発見されており、まだまだ未知の点もあります。

高温超伝導体にも合致する理論を構築し、そこから予期されるように高温超伝導体を発見できればノーベル賞間違いなしと、非常に夢のある分野でもありますね。

現在のところで実際に使われているのかというと、大規模な装置がほとんど身の回りには見られませんが、超伝導加速器やリニアモーターカー、MRI、核融合発電、SQUIDなどに使われています。
超伝導加速器なんかは、ガリレオシリーズの「容疑者Xの献身」の映画の冒頭ででてくる大がかりな装置ですね。
これらは、電気抵抗がゼロより電流を大量に流すことができるのでその周りに発生する強磁場を応用しています。

容疑者Xの献身 ブルーレイディスク [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2009-03-18)
売り上げランキング: 12,773


本の紹介

超伝導は固体物理学の本の最後らへんにほぼ必ずといっていいほど取り上げられるので、そこ見れば良い感は正直ある。
僕が参照した超伝導の専門書の簡単なレビューでもまとめておく。

超伝導やろうと思うと、電磁気学、量子力学、統計力学は前提になってくると思います。

超伝導の基礎 第3版
超伝導の基礎 第3版
posted with amazlet at 16.04.16
丹羽 雅昭
東京電機大学出版局
売り上げランキング: 149,690


この本で超伝導の基本的な理論は網羅できます。
London理論、Ginzburg-Landau理論、BCS理論を学ぶのには行間が詳しすぎるので、この本で十分だと思われます。
後半のGreen関数を用いるBCS理論は僕には厳しかったです。
理論志望はやるんだろうなあ...

超伝導 (朝倉物性物理シリーズ)
家 泰弘
朝倉書店
売り上げランキング: 147,505


行間が広めなので、超伝導の基礎を読めばいいんだけど、この本は高温超伝導について詳しく載っているという特徴がある。
高温超伝導体の渦糸の挙動とかあまり触れられないトピックについても言及があって興味深い。
一度行間を追ったことがあれば、端的にまとまっていて非常にいい本だと思う。
逆に、超伝導の基礎はくどい。一回導出しことがあれば、式変形が丁寧すぎてアレ。



SGCシリーズのやつです。
前半は統計力学の内容で、後半から超伝導の平均場理論を中心に進めていく感じ。
内容はすごくいいのだろうけど、結構難しくてなかなか読めてないです。

超伝導入門 (上) (物理学叢書 (96))
M.ティンカム 青木 亮三 門脇 和男
吉岡書店
売り上げランキング: 169,169


ティンカムは初見で読むの厳しい印象。
研究室のゼミで使うとか聞いたことあるけど、どうなんだろう。。。
構成がなんか異質。


他にもいろいろ見たけど、学部3年生までならこの辺の本読めば十分だろうと思われます。
[ 2016/04/16 15:49 ] 物理 | TB(0) | CM(0)

4年生


4年に進級し、研究室に配属されました。
研究のテーマはまだ決まっていませんが、磁性に関する内容です。

以前までは超伝導に関して勉強していたけれども、あえて違う分野のほうにしました。
超伝導なら知識等でそこそこアドバンテージがあるんですが、いろいろ考えた結果こうなりました。。。
磁性といっても超伝導と関連がないわけではないので役に立つとは思ってます。

まだ、実験の方法を先輩に教えてもらったり、論文読んだりするぐらいしかすることなくて、ぶっちゃけ暇なんですがねwww


研究がんばるぞー!!
[ 2016/04/16 14:38 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

生存中


今期はゆるゆりとごちうさで十分戦えますね。
特に、ゆるゆりが面白くて幸せです。

勉強のほうは、超伝導方面に進もうと考えています。
早く研究室に配属されて、実験とかやりたいです。
4年になるまでにもう少し固体物理をやっておきたいし、量子や統計ももっと理解しておきたい。

勉強することが多すぎる。。。
でも、勉強するために大学に来たわけだから頑張りたい。
[ 2015/11/16 17:17 ] 雑記 | TB(0) | CM(1)